たるや的日常
ダメ親父日記 (`・ω・´)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄金+飼育=実験
みなさんこんにちは^^

普段の年なら仕事が暇な時期なんですが、ダレのおかげか
知りませんけどケツに火がつきそうです
命令系統は一本に絞っていただきたい!

それはさておき、コメ入れ等できておりません。
オマケにへんな時間の更新です。
ごめんなさい

さて、ここのところ実験らしい実験をやってなかったのですが、
やっと一本仕上がってきたので紹介しておきます^^
ちなみに2ヶ月暴れたモセリニョロを、ヒラタケ菌糸に入れてみたら
さらに1カ月暴れて見るも無残なサイズになりました

また話が逸れましたが、今回の犠牲者はこのニョロ。

実験台

3月末に2令で投入後4ヶ月以上経ってまして、見ての通り
菌糸は劣化しかかっています、てゆーか、劣化してます(笑^^
そんじゃ掘り出してみましょう。

あと3g・・・

体色的にはもう一伸びしそうですね♪
そんで今回の実験なんですが、オウゴンの幼虫が暴れ始めるまで
は順調に育って、暴れ始めたら即蛹化できるボトルができないか
って考えで2本作ってみました。

直径18cm!

実に直径18cm強!、容積は4.5Lを誇ります!!
そして中央に埋め込まれているのは、半年かけて菌糸を廻した

・・・・何の木だ? 

まぁ樹種はワカンナイのですが、山で拾ってきた木です(アハハ^^
蛹化ビン自体は仕込んで1カ月半くらいですね。
使った菌床だけでも2Lほどありますから、食うところは
困らないハズです。
総制作費900円弱(容器代込み)
どんな結果になるのか、今から楽しみです
スポンサーサイト
本日は荒天なり
みなさんこんにちは^^

今日も天気が悪い・・・
いわゆる「時化」ですな。
午後から4名ほど来客の予定ですが、

応接室が使えません(笑^^

理由は、

カワラ臭いから(爆!

事務所で我慢してもらおう・・・
○の素さん、ゴメンナサイ m( _ _ )m

さてと、久しぶりの実験ネタ。
主にmahitaさん向け(大笑^^

11/15日採卵のモセリ、11月末に孵化して菌糸プリカへ。
年明けに2令初期で菌糸ビンに移したのですが、1頭だけ
こんな容器に入れました。

タッパー

1800ccのタッパーですが、最大直径が約20cm、高さが6~7cm
ほどです。
なんでこんな容器にしたかとゆーと・・・・(来客により中断)

・・・モセリの幼虫は、3令時に「居食い状態」に入るとモリモリ
成長しますが、それまでは割と外周を周ってる気がするので、重要
なのは「底面積の広さ > 高さ」では無いかと考えたわけです。
3Lに入れる選択肢もありましたが、財布に優しくないですからね^^;
容器形状的な利点として、菌糸が廻り易かったんですけど、劣化が
若干早いのが欠点でした
ま・とにかく結果を見てみましょう。

モセリ18g

孵化後100日ほどで18gはまずまずじゃないかと♪
色的にもまだ伸びそうな気配ではあります^^
ただ、替えのボトルが1400PPしかなかったのがチョット^^;

この血統(キャメロン産WF2)のモセリ、10頭ほど飼育して
ますが、7:3で♀です
てゆーか、同時期採卵のレギも♀ばかりなんですけど・・・

お花屋さんの呪いですか? 
好きこそ物の上手・・とは限らない
みなさんこんにちは^^

ほとんどの方は仕事納めも終わったかと思います。
一年間、お仕事ご苦労様でした^^
年末年始はゆっくりお休み下さい

先月から、暴れるモセリニョロを材内で蛹化させる実験(?)を
やっておりますが、こんなこともしてみました。

こんなのもある^^;ほとんど材

100均の円筒形1L容器に半分に切った産卵材を入れ、
マットを隙間に詰め込んだものです。
これに約一ヶ月暴れ続けているモセリニョロを投入したのが

いつだったっけ・・・

二週間は経ってると思うけど、三週間は・・???

少し穴を開けて様子を見ることにしました^^

♀・・・ですか?

あ・出ちゃった・・・

こうなったらしょうがないので、人工蛹室に移します(作為的ですね^^;

あれ?小♂?

ほんとに♀か? 

来年こそは雌雄判別のスキルを磨きたいと思います
番外編
みなさんこんにちは^^

タイトルが長くて打つのがめんどくさくなっちゃった

11月9日午前11時、ワタシは愛車の軽トラを駆って、東九州道
を北上しておりました。
気がかりになるのは、3Lタッパーに入ってるモセリニョロ。

あとはコイツ

外から全然確認できませんが、内部で居食いして大きくなってる
と勝手に思い込んでいます。
予定じゃ11月後半に蛹化ビンに入れるつもりでしたが、いまの
段階じゃ効果があるかは微妙なところです・・・

「なんかいい方法ないかなぁ~? 掘ったら必ず暴れるだろうし・・」
と考えていたら、

「たるっち!イエ~~イ、DORしたんだい?」
「あ!DORえもん!!実はモセリの蛹化について悩んでるんだ
「ぼくが助けてあげるよ! コレを使うんだ

連結ぼとる

「連結ぼとる~」

「これなら掘らなくても容量が2倍になるよ?
「ありがとう、DORえもん

ってあほかぁ~~~~!!!

そりゃアナタの失敗作でしょ~がっ!
なにが「イエ~~イ!」だっ!
高島忠○かっ!!!

ハッ!!もしかして、コレこうやってこの上こうして

そんでこうやってこうすれば・・・・

完成!

「連結ぼとる~~」

あとは運まかせでございます・・・
Allotopusは蛹化ビンの夢を見るか?(後編)
みなさんこんにちは^^

飽きもせずワカンナイことを判ったように書いてますけど
もう暫くお付き合い下さい^^

2週間ほど前、ワタシはモセリの蛹化について悩んでいました。
今も悩んでるんですけどね(笑
以前、モセリの初飼育の際、21gの幼虫が暴れに暴れて15g
までダイエットしたことがありましたが、○夢のカチカチ菌糸ビン
に投入したところ、即座に蛹室を形成したことがありまして、
「モセリって、周りがガチガチの環境の方が蛹化しやすいのか?」
って漠然と考えていました。
色々な方法論を考えていく中で、こんなものも作ってみました。
コレの使用報告はまたそのうちに・・・

他にも中~太材入りの菌糸(ま・フォ○スのパクリですわな^^;)
なども考えていたところに、盟友D様から一通の私信が・・・
そのメールには、オウゴンの蛹化についてのすばらしいご意見と
ワタシへの罵詈雑言が書かれていました(嘘
そのメールを読むうちに、「コレ、使えないかな?」と思ったものが
ありました。
実はフォルキヨの♀が★った時に、齧らなかったコナラ産卵木を、
バクテリア材でも作ろうと思ってマットに埋め込んでいまして、
フォー○を買う金も作る時間もなかったので、一か八かソレに
ニョロを投入することにしました。
なんでそこまでしなきゃいけないかってゆーと・・・

ココまでが前フリです

無駄に長いですね? 
>>続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。