FC2ブログ

ストリアータツヤの記事 (1/2)

珍しい画像

みなさんこんばんは^^

台風21号が各地に爪痕を残しております。
被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます m( _ _ )m

モセリ~ノメンバーの中にも停電被害等遭われた方がおります。
ニョロは大丈夫だったか気がかりですね・・・

さて、前回の記事に出てきましたストリアータツヤ。
WEB上でも幼虫画像がほとんど見当たらないのでUPしておきます♪

IMG_0876 (1280x960)
初令後期

IMG_0874 (1280x960)
2令

IMG_0869 (1280x960)
3令

初飼育なのに色々と実験をしておりました ^^;
来年はきっちりリベンジしたいと思いますよ (`・ω・´)
スポンサーサイト

ストリアータ飼育途中経過

みなさんこんばんは^^

ストリアータツヤを飼育してみて、わかってきたことを少しまとめます。
先週7日に何度目かの割り出しをしました。

IMG_0748 (1280x960)

今まで入れてなかったミズゴケを入れています。
ストリアータ♀は歩くのが上手いので足場はいらないんですが、s-れいんさんとこ
クラーツミヤマの採卵や、他ブログでコカブの採卵記事見て入れてみました。
(スぺクタ♀は足場無いと転びまくる)
一応全体に入れたのですが、一部マットに引き込んでいるようです。

IMG_0749 (1280x960)

威嚇する♂の後ろ側です。
ちょっと掘ってみましょう・・・

IMG_0750 (1280x960)

ふむふむ、なるほど (。-_-。)
前回のセットでは、赤枯れ混と赤枯れ無しのハーフ&ハーフで組みましたが、
割り出した卵6個すべて赤枯れ混のマットから出てきました。

IMG_0755 (1280x960)

ストリアータのセット組み始めて40日、色々試してみました。
以下の項目で実験してますが、ほぼ毎回採卵できています。
・マットの粒子
・ph
・赤枯れ
・ミズゴケ
・マットの水分量
・♂の同居
まぁ大体採り方はわかった気がします (`・ω・´)

次のステージは幼虫飼育ですね。
赤枯れ必須とのことですが、違うもの混ぜて実験してるビンもありますw
もちろんメインは発酵マットですけどね (´∀`*)

IMG_0763 (1280x960)

孵化後1週間、一回り大きくなりました ヽ(´∀`)ノ
土玉を作って中で生活しています。
ずっとここで動かなければ観察しやすいんだけどな~^^

過ぎたるは以下略

みなさんこんばんは^^

「ナントカシリーズ」終わっちゃった・・・(´・ω・`)
がっつプレの応募が明日までのハズです、多分。
ワタシのあやふやな協賛品にも応募があって一安心♪
みなさん締め切りまでに応募しましょうね~ ヽ(≧∀≦)ノ

さて、ストリアータの近況ですが・・・
5/22の卵回収で8タマ回収した際に、一部phを下げたマットを入れてみました。
6日後の5/28、どうなってるのか確認することに。。。

IMG_0682 (1280x960)

画像だと5タマしか確認できませんが、6タマあります。
右上の1つだけ通常マットから、残りはph調整マットから出ました。
しかも通常マットからでた卵ひとつだけ大きいので、どう見ても
前回の取り残しですね (´・_・`)

結果に気を良くしたワタシは、さらにphを下げたマットを作成し、
三段階のマット構成にしてみました。
結果。。。






♀脱走!! Σ(゚д゚|||)

しかも2回!!! (゚△゚;ノ)ノ


まぁマットが原因かはわかりませんが、潜っても産んでなかったのは事実です。
とりあえずプレの協賛品でもあるので、きっちり数を採らなければなりません。
しかたないので、

IMG_0706 (1280x960)

赤枯れ採ってきましたよ (`・ω・´)
これを新規で購入したミルサーで粉砕し、赤枯れのパウダーを作りました。
赤枯れパウダーを1/4~1/5混ぜ込んだ産卵マットを作ります。

IMG_0724 (1280x960)

これも左右で分けてみた (゚д゚)

IMG_0725 (1280x960)

一応協賛用の卵の数は足りてるのですが、できるだけ若い卵の方が輸送時
安全だと思いますので、発送ギリギリまで採るつもりです。
ストリアータの初令はとても小さいので、輸送に耐えられそうにないですからね。
初令幼虫、見たい? ヾ(・∀・)ノ
[ 続きを読む » ]

論よりナントカ

みなさまこんばんは^^

いやぁ、暑い暑い (;´・ω・`)
屋内25℃になっとります。
冷却方法を考えねば・・・
タイトルの「ナントカ」シリーズは飽きるまで続けます (゚∀゚)(゚∀゚)アヒャ

さて、
今回採卵したストリアータツヤのセット内容です。
なかなか情報が少ない種類ですので、参考になれば幸いです。

使用したのは月夜野さんの黒土マットと完熟マット。
特に月夜野マットを推奨するわけではありません。
安いからと、ここのカワラ菌糸使ってるもんで。
ケースはQBoxもどき、若干通気を良くしています。

まずは黒土マットをふるいがけ。
しかし、微粒子にしちゃうと底の堅詰め部分がまた嫌気発酵するので、気持ち
荒めのふるいにかけた後、ふるい残った木屑部分を5%ほど戻します。

IMG_0592 (1280x960)

これに気持ち加水。
ヒラタ用くらい (`・ω・´)
そしてBOX底面に3cmの厚さで堅詰め。
これが1層目。

そんでまた黒土マットをふるいがけ。

IMG_0590 (1280x960)

で、さっきより多めで加水。
ノコとかヒラタとか組んでて、「あ、ちょっと水多すぎたか?」って感じで (-∀-)
このマットを堅詰めの上に5cmほど入れ、BOXの底を「トン、トン」って床に
打ち付けます。
これが2層目。

残った加水黒土マットに同量の完熟マットを加え、もっかいトントン3層目 (・Д・)ノ

IMG_0594 (1280x960)

5/8にセットして、一週間後に卵を確認しました。
♀に関して、夜間はゼリー食ってることが多かったですね。
今回、赤枯れ(謎)を混ぜ込むために全体の面積の1/4ほど掘り返したところ、4つの
卵が出てきました。
ざっとしか掘ってないので、まだあったかもしれません (´・_・`)
発見したのは1層目の堅詰めと2層目の境です。
とりあえず回収して、プリンカップで管理しています。

「難関種」ということで、必要以上に燃えています。
情報を集めても、あまり出てこないんですよね~
「簡単」とおっしゃる方もいるようですが、ちょっと何言ってるかわからない (・д・)

おそらくインぺリアリスが入荷したら買うと思いますwww

晴天のナントカ

みなさまこんばんは^^

前回の記事は内容的に暗かったですけど、本人及び家族は特にネガティブに
なってるわけでもありません。
この齢になると、家族の介護なんかは普通の話になってきますからね (´∀`*;)ゞ
唯一の誤算は静岡行の中止ですが、なんとかMINAMIさんが虫辞める前に
襲撃しないとと思っております (`・ω・´)

さて本題。
ストリアータ採卵のために、使えそうな材料を山に採りに行くことにしました。
「結局はバクテリア(菌)の種類じゃね?」との考えからです。
家を出て車で3分、山間部の旧道に入ります ヽ(≧∀≦)ノ

IMG_0617 (1280x960)

何が凄いってこの道、以前大型バスが通ってましたからね!(゚△゚;ノ)ノ
褐色腐朽菌による赤枯れ材を探したいとこなんですが、時間もあまりないので
とりあえず目についたものを採取しますw

IMG_0601 (1280x960)

樹種はわかりませんが、立ち枯れの切り株部分にフレークか溜まってるので採取。
樹皮にはサルノコシカケが生えていました .゚+.(・∀・)゚+.

IMG_0613 (1280x960)IMG_0612 (1280x960)

こちらは桜っぽいです。
赤枯れなのか、木の中心部だから赤いのかが判然としませんが、とりあえず採取。

これらを持ち帰り、ざっと砕いてふるいにかけました。
線虫やらムカデやらが出てきたので画像はアリマセン Σ(´Д`*)
できたマットをジップロックに入れ、冷凍庫で殺虫します。
[ 続きを読む » ]