たるや的日常
ダメ親父日記 (`・ω・´)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クール・ポコ(前編)
みなさんこんにちは^^
全国的に大荒れのお天気となっていますが、
皆さんのところは大丈夫でしょうか?
昨日私が経験したことを、誇張を交えずに
書いてみようと思います。
少し長くなりますが、お付き合いのほどを m( _ _ )m

男は迷っていた・・・
「どうしたらいいんだ?」
その想いは、嵐の海の小船にも似て、舵も効かぬまま
ただ、ぐるぐると廻り続けていた。
男の休日の昼下がり。
息子の下校時間にはまだ程遠く、妻が仕事から戻るまで
三時間の猶予がある。
夕飯の支度にかかるまでは二時間・・・時間は十分にあった。
「掘るべきなのか・・それとも・・」

事の起こりは昨年秋にさかのぼる。
泣く子も笑うTIBITARA-DOMEIのメンバーなら知らぬものの
無い鉄の掟、入会資格・其の8。
「いつまで経っても蛹化しないニョロを飼育している方」
男には十分に其の資格が備わっていた。
一本目の蛹化ビンで居食いを決め込み、一ヵ月後に
やわらかくなった材を粉々にして暴れ続け、二本目の蛹化
ビンでは、材を螺旋状に食い破った恐るべきレギニョロ・・
実に三本目の蛹化ビンに投入したのは、師走も半ばを
過ぎた頃であった。
かつては30gをゆうに超えていた体重は、三本目投入時には
25gとなっていた。
しかし、大晦日を数日後に控えたある日、忽然とその姿を男の
前から消してしまった。
真っ白な蛹化ビンの中に、茶色の足跡だけを残して・・・
蛹化ビン
「ヤツが姿を消して30日余り、食痕にはアオカビが生え、
他の菌糸ビンへの被害も広がりつつある。このままには
出来ない・・・」
男は考えを決めた。
「生きているならそれも良し、死んでいたならそれまでさ」
男は意を決してブロー容器の蓋を開けた。
表面には青黒い黴が生えている。
こりゃだめだ
「どっちにせよ、このままじゃだめだな・・・」
そうつぶやくと菌糸の表面を慎重に削りだす。
程なくして、埋め込んでいる産卵材が現れた。
わかりづらい
いまのところ、死骸らしきものは出ていない。
「いけるのか?・・いや、俺の判断は間違いだった
のか・・・?」
男は迷った。
このまま進むと、取り返しのつかないことになる
恐れがあった。しかし、ここまで来て後戻りは出来ない。
男は産卵材の周囲を掘ると、それを手でつかみ
渾身の力で硬くなった菌糸から剥ぎ取った。
「こ・・・これはっ!・・・・」

つづく
スポンサーサイト
感謝。
みなさんこんにちは^^
九州は本日、雨です。でも暖かいです^^
 
ブログを始めて二週間ほど経ちました。

いろいろな方からコメントをいただけるようになって、

とても感謝しておりますm( _ _ )m

まぁ、おにぎり片手に打ち込んでいる姿を見られたら

真実味が薄れますが・・^^;

半年前まではホント、ロム専で、

ブリーダーの方々のブログをただ眺めるだけでした。

国外逃亡(コラッ!)しているIyouさんと電話でお話

したときに、「もっと前に出たほうがいいですよ」と

言っていただきました。

それと、みみたろうさんから私信をいただいたときに

「自分が趣味でやっていることでも、ひとの役に立てる」

のかな・と考えることができたわけです^^

そんなわけで、自分はいまここにいます。

まだ、社長にバレていません(爆!

拙いブログですが、皆さんこれからもよろしくおねがいします。


長々書いてしまいましたが、自分の本当の気持ちです。

それと、ネタがありませんでした!


ブログ始めてやっと分りました。まんじさんは超人です。
明日は休みなんで、ネタさがしてきま~す

大きな夢・・・
みなさんこんにちは^^
今日の午前中は忙しかったです。
あと、もうすぐネタが切れます。

ご他聞にもれず我が家にも、こんなヤツがいます。
VIP.jpg
モセリ オウゴンオニ WF1
キャメロンハイランド産


昨年のクリプレに、自分でむし社より購入。

掘りたくてしょうがない菌糸の具合が気になった

ので、ビン交換。
モセリ14g
’08 11月初令投入だから、2.5ヶ月前後?

VIP待遇なので、大きな夢に投入

三頭いまして、8g、11g、14g(なんかビミョー^^;

それぞれ1100cc、1400cc、1600ccへ。

オチはありませんm( _ _ )m
   。
   。 
   。 
あるとすれば、

まちがえて(どうやって!?)

8gを1600ccに入れました・・何故?
本物降臨!
みなさんこんにちは
今日は九州も良いお天気です^^

こないだ送りつけたチビレギのお返しにと

静岡のみみたろうさんから

遠路はるばる送られてまいりました。

本物のタラニョロ(爆!
タランドS
例の40卵の中から、大きくなりそうなニョロを

8頭も送ってくれました。フトッパラダヨ~

着いたときはさすがに動けなかったみたいですが

室温管理(20度)で二時間後には蘇生しました。

そんでもって先程、
おおきくなれよ~完了!

無事、カワラプリカ(ノーマル)へ。

みみたろうさん

あざーす!大事に育てます^^

ダイオウタランドス
みなさんこんにちは^^
仕事もキッチリやってます。

私の住んでいるところは

かなりの田舎でして、

どのくらい田舎かというと

一番近いコンビニまで

20km。

当然、ショップなんか行った事が無く、

生体・用品の類は、ほとんど通販です。

正月に(仕事でしたが)、自分にお年玉

と思い、某WEBショップにて、タラニョロを

買いました。

到着したニョロは、明らかにメソトプス属の

ようでしたが、納品書には

納品書
。。。。。。

ダイオウ血統と名づけ、

添加剤実験行き決定。
ひらきなおり
みなさんこんにちは。
先日、会社の経費でデジタルノギスを
買いました。
もちろん、魚を測るためです^^

blogを始めて一週間が過ぎたのに

いまだに「ムシ画像」が出ていないのは、

さとるの父さんに申し訳ないので

ウチで一番小さいレギ君をアップします。

チビ息子
メソトプス・レギウス 南西カメルーン産
CBF2 2008.12月羽化


つっこみどころ満載ですが、スルーして

お父さんを紹介します。(御存命です)

父ちゃん!
CBF1 2007.12月羽化 73mm

羽化後一年過ぎましたが、餌場を守る

この風格!カッコイイ!

(写真がへたとかいうつっこみはナシで・・)

実はこのお父さん、酒樽さんから譲って

頂いた個体です^^

ギネス血統ではないんですが、お気に入りの

大事な個体です(^^

なのに何故、おちびが続々と・・・(涙
ウデデスヨ、ウデ カンリガワルインデス!

最後に親子写真を!
父ちゃんごめんよ~

とゆーわけで

私、クワガタ飼ってます!(爆!


添加剤実験2
たるやです
そのうちキーボードに
お茶をこぼすと思います。

昨日は休みだったので、

一昨日の続きです。

もひとつこんなの!
03.jpg
卵質の向上のために、親魚の餌に
混合するものです。
幼虫には???

このような混合飼料中に含まれる

アミノ酸のうち、アルギニンやメチオニンは、

脊椎動物の成長ホルモンの原料と

なるのですが、昆虫にはどうなんでしょうか?

あと、画像が無いのですが、どうしても

入れたいものがあります。

それがタウリン!

昨今、ウチの業界でブームになってます。

粉末の製品があるのですが、ただ・・・

リポ○タン臭い!!

とりあえず、前回の二種類と

タウリンを添加してみて

菌糸が廻るか実験してみます。

※いまだにムシ画像がでてこない
ことを、お詫び申し上げます(^^;




添加剤実験1
魚ネタばかりなので、各地でつっこみを
うけています。(ソンナニタクサンジャナイデスケド

私、「チビタラ同盟」という集団に

加盟しておりまして、

これは、「より大きなメソトプス属を飼育する」

ことを目的に、互いに切磋琢磨し、自己を

修練していく(言い過ぎ)集まりです。

それで、常々飼育について考えている

訳ですが、方法論の中に、「高価くて実績

のある菌糸ではなく、安価い菌糸に添加剤

を入れることで、同様の効果が期待できないか?」

というものがあります。

世の中にはたくさんの菌糸用添加剤があり、

独自のブレンドで実績を挙げている方々も

多く見受けられます。

そこで、ひねくれ者の自分が考え付いたのが

これ!
01.jpg
養殖魚の健康維持管理、成長促進に
利用される混合飼料です

あるいはこれ!
02.jpg
ちょっと特殊な混合飼料で、トラフグの
精巣を大きくするための混合飼料です

全然ムシネタにたどり着きませんが、

時間がなくなりました。

続きは明後日になります(つづくのか?)

やっと・・・?
弁当を食べながらの書き込みも

だんだん慣れてきました^^

まぁ、今日はカッ○・ヌードルですが・・

全然ムシネタは書いていないのですが

そろそろ皆様にお知らせに伺おうと

思います。

業務上のはなしで恐縮なんですが、

以前、営業サイドより

「たるやさんのブログを作ったらどうか?」

というはなしがありました。

「店長日記」みたいなやつですね。

それは、社長のひとことで消えちゃったんですけど

曰く、

「炎上したらどうするんだ!」

・・・・社長、そんなに問題社員ですか?
続き
今、気がついたんですが

ムシブログを目指していた気がします。

全然違いますね、これは^^

と、ゆーわけで、前回の続きです。

写真の親魚から

産卵後約30H
このような卵が生まれます。

これは孵化10時間くらい前ですね。

そして

孵化後1日目
孵化

体長3mmほどです。

その後、三ヶ月ほど大事に育てて

大
こうなります^^

その後、選別・計数を経て

養殖業者さんのもとへ。

これが私の仕事です^^


練習がてら、自己紹介
極寒の利尻のお方の暖かい励ましを受け、

今日も練習です。

Iyouさんは、私のことを 養殖業者

と思っていますが、 違います。

実は 種苗生産業者 なんです。

どこがどう違うのかといいますと、

養殖業者は、自然の海で採捕された稚魚や、人工的に生産された稚魚を

育てて市場に出荷しますが、種苗生産とは、養殖業者が育てる為の稚魚を

生産する職業なんです。

写真で説明しますと、

dele 009
このような親魚から

おっと、時間となりました。続きは明日にいたしましょう。
ぼちぼちと
昼休みを利用しているので

できることが限られます

やっとカウンターとカレンダーを設置しました

皆様にお知らせできるのは

まだまだ先になりそうですね(^^;
こんにちは
皆様 こんにちは

私、たるや と申します

まだ誰も見てませんが

とりあえずあいさつはしとかないとね(^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。