たるや的日常
ダメ親父日記 (`・ω・´)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまでの経緯・・・⑥
事態は不安定要素を内包しつつ大きく動こうとしている気がします。
判断ミスが命取りになりかねません。
慎重に行動していきたいと思います・・・

このハンコ時代なんですが、ヨメの息子に対する態度が一番厳しい時期でしたね。
どうも、日中ワタシのいない間に体罰も加えているようでした。
息子は体が小さく、そのくせ負けん気は強いので、学校ではよく友達と衝突していました。
後にこの頃の事を息子が「学校で叩かれて、家に帰って殴られて、もう○にたかった」と告白したとき、ヨメに対して○意を覚えましたっけ・・

忘れもしない平成18年10月、ついにワタシの上司が馘首になりました。
数年前には6名の従業員と二十数名の期間バイトで年間数億円の利益を上げていた事業所も、パワハラの嵐を生き延びたワタシともう一人を残すのみとなってしまいました。
事業を継続するかどうか結構揉めたのですが、とりあえず社長がやってもいいよって言ったので、ワタシが中心となって事業所を立て直すことになりました。
ここでしゃしゃり出てくるヨメ 
残った二人以外にバイトに来ていた方々から四名を選んで戻ってきて頂いたのですが、ヨメが無給でいいから手伝わせろと言います。
無給で働かせるわけにはいきませんし、ヨメと一緒に働くのもイヤだったので断るのですが、「ダンナの仕事を手伝う」という大義を振りかざすヨメに付ける薬は無かったと思います。

この頃が一番良かったとヨメは言います。
そりゃそうでしょ。
責任者のヨメで仕事してて、特に文句言われるわけでなく、子供は学校が終わったら祖父母のところに帰るから夕方迎えに行けばいい。
子供と接する機会が減れば目くじら立てて怒らなくてもいいし、会社じゃ本社から手伝いに来る若いのも言うこと聞くし、給料も前より良いし・・・
しかし、そんなヨメにだけ都合のいいことは長く続くわけがありません。
パートの身で本社社員に仕事を指図していたら、一部から反感を買うのはあたりまえのことです。
その点を注意はしていたのですが、自分が正義だと思っている人に何を言っても聞くわけがありません。
結局、一年半で契約が切れると同時に再契約はしないということになりました。
その際もかなり揉めたのですが、もう思い出したくないなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。