たるや的日常
ダメ親父日記 (`・ω・´)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまでの経緯・・・⑦
明日はお休みなので更新はありません。
一応、生きてる予定ですよw

サブタイトルは「ホントにあった怖い話」だよ。

平成20年の夏にヨメはワタシの勤めていた事業所を退職しました。
その時繰り返していた発言は、もう怨嗟とういか呪詛というか・・・
それでも捨てる神あれば拾う神ありで、地元の建設業者の事務として雇用されることになりました。

新しい職場にも慣れてきた晩秋のある日、ヨメから次のような発言が・・
「熊本の六○院ってところに行きたい、連れて行って」
なにそれ?
「本怖に出てる下○し子先生のお寺」

そうきたか・・・・
ハンコ屋からDr.○パ、細木○子を経て○よし子に至ったのは知っていたが・・

「連れて行ってくれるなら予約を取る」
連れていくだけならいいけどさぁ・・いくらかかるの?
「教えられない」

はぁ? 

「教えたら反対されるから」

それでも連れて行けと言うか・・・ってことは、連れていかなきゃ自力で行くってことだな・・・・

今考えれば甘かったと思います。
そもそも、この時点でヨメの事を愛していたかというと「否」でしょうね。
とにかく「めんどくさい」の一言に尽きます。
「体がだるい」と言うので、お医者さんに診てもらえと言えば、「更年期だから」と言い、じゃあ市販の改善薬でも飲めば?と言うと「赤ちゃんが出来た時困るから」と言う。
え?避妊してるじゃん?

愛してなくてもやることはやってるんだ・って言われそうですけど、ヨメの要求に応えてただけですよ

どんなに反対しても意見を曲げないのに、いちいち確認をとるのは「許可を得た」という既成事実を作りたいためということは判っていました。
つまり、言いだした時点でそれは決定事項なのです。
同意しなければ同意するまで粘り続け、根負けすれば共同責任を押し付ける。
おまえは本当に人間か? 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。