たるや的日常
ダメ親父日記 (`・ω・´)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/24 Part2
台風一過、良い天気になりましたね^^
余談ですがワタシ、子供のころ「台風一家」と勘違いしていました。
台風のように凄まじい暴力一家の事かとw
我が家の事ではないです

○水院に着くと、いつものごとくヨメを置いてワタシと息子は近くのショッピングモールへ・・・
ゲーセンのメダルゲームで遊び倒していたら、「1時過ぎごろ迎えに来て」とのメールが。
1時に着いて待っていたのですが、20分経っても出てこない。
「もう少し待って」メールが入り、結局1時40分頃に出てきました。
車に乗り込むなり、嫌なお客(患者?)がいたと話しだします。
なんでも息子さんが通っているらしく、両親が付き添いで来ていたと。
その父親が、「1回で終わるっていったじゃないか!」「なんで何回来ても良くならないんだ!!」「今までいくら使ったと思ってるんだっ!!!」と怒鳴っていたと。
ヨメは人前であんな大声張り上げて人格が疑われるだの、あんな父親だから子供が悪くなるんだなどと言っていましたが、ワタシには彼の気持ちが痛いほどよく分かりました。

なんで遅くなったのか、理由を聞いたときにワタシは耳を疑いました。
いつもの施術(よく分かりませんが、○ん怖でやってたアレらしい)が終わって帰ろうとしたら、急におなかが痛くなったらしいです。
そこで診てもらうと、先月亡くなった社長が憑いていると・・・
社長の霊を浄霊しておなかの痛みが消えたそうな。

ワタシが言うのもなんですが、その社長はホントに良い方でした。
亡くなってからも人を困らすような方ではありません。
これまで、自分の先祖やワタシの先祖、はたまた何の存在も確認できない水子や自分の実兄の生霊が憑いていたと申告されてきましたが、今回ばかりは容認できません
「社長はそんな人じゃ無かったよ」と一言だけ言って、ワタシは黙りました。
あ、すいません。
もう一言、「置いてくれば良かった・・・」とつぶやいたのをヨメは聞き逃していませんでした
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。