たるや的日常
ダメ親父日記 (`・ω・´)
話を進めよう
みなさん こんばんは^^

だらだらと何年も家庭内騒動の記事を続けているので
そろそろ一気に話を進めようと決心しました。

いつまでもつかは不明

あっ!前回までの表記に間違いがありました。
最後の調停は2014年11月の出来事でございました

さて、その最後の調停の出来事。
調停員は男女一名づつで調停を進行していくのですが、
今回女性の調停員(結構あっちよりの態度)の方がお休みで、
新しい方が来られていました。
事前に陳述書を読んでいただいたうえで調停スタート
まずはヨメの方の婚姻費用請求から始まります。
ヨメの請求金額が確か15万くらいだったかな?
もちろん住宅ローンとか息子の学費とかはワタシが払った上
での生活費としての金額です。
そこで弁護士がワタシの置かれてきた状況やヨメのやってきた
こと、現在も必要なお金はちゃんと渡していること等々を
理路整然と話していきます。

頼もし~♪ 

一通り話が終わるとワタシ達は別室に移動し、次はヨメとあっち
の弁護士の番です。
調停員が一人変わったことと陳述書が功を奏したのか、前回の
調停時と比べて微妙に調停員の態度が違うことに弁護士と
二人で喜んでおりました^^

もしかしたらいけるかもしれない・・・

あちらサイドの話が終わり、弁護士だけが呼ばれます。
今回でワタシの起こした離婚調停は終わりですので、ここからは
担当の裁判官が話に入ってきます。
弁護士が帰ってくるなり言いました。

「どうやらあちらさん、なにかやらかしたみたいですね♪」

詳しいことは判らないのですが、どうやら調停員の心証を悪く
するような言動をやらかしたらしく、こっちに大きく流れが傾いて
きてるとのこと。
今から裁判官と調停員の話し合いが行われるとのことでした。

長い長い一時間が過ぎ、再び調停員のいる部屋に呼ばれます。
部屋の中には初めてお会いする担当裁判官もおりました。

結果・・・・
「あなたの起こした離婚調停は、双方合意に至らなかったために
不成立となりました」
「相手方の起こした婚姻費用調停につきましては、現状を鑑み
婚姻費用として月額1万円を支払うように命じます」

当然合意に至らないのは判っておりましたが、月額一万円!!
この件に関しては 大 勝 利 !!!
弁護士も
「私が今まで担当した最低金額です」って言ってたもんね

しかしながら離婚調停が不調に終わったのもまた事実。
次回は弁護士と離婚訴訟の時期と内容を打ち合わせることに
してお別れしました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは
こんばんは
1万円は安く上がりましたね~
たるさんとチンチンブラブラ君の今後のために 貯蓄出来そうですね
2016/05/31(火) 22:36:05 | URL | ケロロ軍曹 #- [ 編集 ]
ケロさん ちゃ^^
この状態のままだったら余裕だったんだけどねv-404
なかなか世の中うまくいかないねぇv-394
2016/05/31(火) 23:59:00 | URL | たるや #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://taruya09.blog5.fc2.com/tb.php/487-22fb148b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック