K・A

男は疲れていた。

連日続く気を遣う仕事。

炊事に洗濯と家事全般。

休日は私用とホールでの戦闘。

「なんで50も過ぎたおっさんにこんな事まで一から言わんといかんのだ・・・?」

どうやら対人関係に悩みがあるらしい。

男は疲れていた・・・。


一日の予定をすべてこなし、崩れるように布団に入る。

寝る前の、ほんの少しの息抜き。

エアコンもない寝室で、扇風機に吹かれながら自分のブログをチェックする。

そのとき!

微かに気配がした・・・

気のせいか?

・・・・・・・・・・・いや!違う!!

ヤツだっ!!!!

武器はどこだ?

慌ててリビングという名の台所に向かい、この家唯一の武器を手にする。

残弾数は・・・・・・限りなく0に近い。

マジか・・・

絶望という名の悪魔が囁きかける。

「何も考えない方が楽だぜ?」

うるさいっ!!!

男はわかっていた。

一歩でも引いたら折れてしまうことを。

考えなければ前に進まないことを。

「可能性は・・・0じゃないよな?」

自分に言い聞かせるようにプラグを差し込む。

男は長年の経験から知っていた。

ヤツは照明を消した瞬間に襲ってくる。

かといって寝ないわけにはいかない。

目覚まし時計の秒針が時を刻んでいく。

時刻は12時を回った。

男は腹を括った。

最初の気配以降、ヤツの存在は確認できていない。

万が一攻撃されたとしても、即座に反撃できれば勝ち目は十分にある。

そう判断した男は、明かりを落とすことにした。

暗くなるなり意識が遠ざかる・・・

薄れゆく意識の中で男は思った。

「明日は忘れずにアースノーマット買ってこなくちゃ」 (´・ω・`)
アースノーマット買ってきたんですが、
ハードの方は金鳥でしたよ (;^▽^)
スポンサーサイト

コメント

モスキートレディ
ほほう 奴ですか....
スプレーで弾幕はれるのが一番ですが......残弾数が少ないとなれば.....
徹夜で迎撃するのも手ですな!!!
ちぃ~す^^
アースノーマットじゃ★ちゃうよ
昆虫ゼリ~で飼育しょ(爆
軍曹殿 こんばんは^^
ワンパンマンのやつかな?
おなかのラインがエロいやつ・・・

徹夜で迎撃はしねえv-7
たかぱぱっち ちーっす♪
♀は無理でしょ?
♂なら飼育できるかもだけど、しないわなv-403

管理者のみに表示

トラックバック